再生建築「耐震Reビルド」は、建替えともリノベーションとも異なる新しい方法です。

従来の建替えとは異なり、既存躯体部分は残したまま解体。
躯体部分の劣化状態に合わせて、適切に補修・補強を行います。
その後はスケルトン状態から、時代のニーズに合った間取り、新しい設備や内外装へとバリューアップ。

老朽化が著しい建物でも、新築同様の新しい価値を持つ建物へと生まれ変わります。



建替えと比べて低コスト
再生建築は、元の構造部を可能な限り再利用します。
そのため建替えた場合と比較して、費用を60~70%程度に抑える事ができます。
廃材量も低減できる環境にやさしい手法です。

長期延命化
建物の見た目だけではなく、構造部の補修と補強を行う事が再生建築の特徴です。
建物の主要な構造部の耐震性能を現行の耐震基準まで向上させ、
経年劣化が著しい建物であっても、安心して利用できる建物に生まれ変わることができます。





お気軽にご相談ください


お問い合わせフォームはこちらから